静かに暮らしたいだけやねん。

変だなぁ、気になるなぁとか思ったことを、ちまちまと。

悪意のない人々の中で働けるって幸せ。人生凹った後には凸ってくる。

こんばんは。

 

本日、自分としては、最後の職場になるといいなと思い就職した職場での初日。

結果から言うと。。。長く働けるといいなと思えた!

 

二年半ほど前、この地に引っ越してきて、今までしてきた仕事と同職種だけど少し畑違いの仕事をしてきたけど…。ウンザリしたので、やっぱり元の畑に戻りたくて就活したところ、予想外に近くで見つけることができた。

たまたま見つけた募集を見て連絡して、とんとん拍子で見学させてもらえて、面接に至り、就職決定。給与についても、申し分なし。いろんなタイミングがあったにせよ、あまりにラッキーすぎて、本当に夢じゃなかろうかと思ってしまうくらい。

 

やるべき仕事は、どこへ行っても基本同じなので、置き場所や段取りなどをいち早く覚えてしまう。この職場のルールを押さえて、滞りなく業務を動かせるようになる。ここはどこに行っても同じこと。

 

というわけで、あとは「一緒に働く人」がどうかということ。

 

・明るい挨拶が返ってくるか

・協力しあって仕事ができるてるか

・なんせ初日で色々分からないので、質問した時の態度はどうか

・同じことを聞いてしまう時に、特にどういう態度になるか

・できる部分に関しては、次々と仕事を教えてもらえるか

・手がふさがってるとき、助けてくれるか

 

問題なしでございました!

 

以前のブラックな感じを全く受けることもなく、笑顔で挨拶や言葉が交わされ、普通に仕事ができる。ごくごく普通に過ごせる場所といいますか。なにかしら悪意をもってるような人がいないんだもん。「いじわるそうな人」ってどこにでもいるけど、いないの。

 

なんてありがたい!!

いや、冗談抜きでありがたい。何も気負うことなく、普通でいられるって、こんなにも楽なんや。

 

気持ちはもちろんのこと、だからこそ体も楽で、明日も頑張ろうと思えている自分が今ここに。

「明日仕事行くのが嫌だなぁ」とか全く思わないし、こうやって機嫌よくブログをかけている自分が今ここに。

恐らく今後やっていく仕事が山のようにあるのは聞かされてるし、想像もつくんだけど、まぁきっとこなせるし何とかなるかなぁと楽観的に考えられてる自分が今ここに。

 

いや、すごい。ほんとすごいよ。今この現状が手に入ってること自体、仕事運持ってる私を証明してる!いい意味で、この思い込みを続けて、日々を積み重ねていくわ。

 

子宝には恵まれたけど、結婚運は全然なし。でも仕事運は最強!

やっぱりどこか凹ってると、どこか凸ってるのね。

均してみれば、人生トントンよ。

 

今日は緊張もしたけど楽しかった! 

 

 

生きてる人間が、一番怖い。

こんばんわ。

 

前回は、仏像が怖いんだとう話を書きました。

でも、何が本当に怖いって、人間ほど怖いものはないです。

 

今日以前の職場で友人になった人と、久しぶりに再会してきました。その人(Tさんとします)も、つい最近退職したところ。

Tさんとは、務めている時も辞めてからも仲良くしてもらっていて、いろんな情報を一緒に共有してきました。 

年末にYさんという人が突然逃げるように退職したことを知り、その後私のネットワークで収集した情報と、彼女の知っている、もしくは身をもって知った事柄をすり合わせてみたところ・・・どうしてもわからない闇の部分がハッキリ浮き上がりました。

 

なぜ社長に「きちんと」物事が伝わらないのだろう?

その原因は何だったのか?

 

結論としては、ある特定の人物により物事が歪められたり、嘘の形で社長に伝わっており、また人間関係を引き裂こうとしたり、ひっかきまわしていた。その人物が「Nさん」だったとハッキリ浮き彫りになったのです。もう一人「サイコパス:K氏」もいるのですが、組織の奥深くに根深く巣食う悪魔がNさんだったと明らかになりました。

 

辞めた私たちは、モヤモヤした気持ちを今日ですっきりすることができました。さっさと辞めて大正解。あまりにもその二人の人間性が悪過ぎた。

 

それにしても、思い返すとK氏が入ってきて、この半年ほどで、私の前に一人、私、Yさん、Tさんと、10人にも満たない小さな職場で4人もの人間が退職の道を選びました。K氏がくるまでは、Nさんは猫をかぶっていました。そのほうが好都合だったのでしょう。私もうまく騙されていました。結構忙しく、業務的には大変な職場でしたが、人間関係はそれほど悪いものではなかったので、何とか何とかみんなで頑張ることもできていました。

それが、サイコパスK氏を職場に招き入れてしまったために、本領発揮とばかり程度の低いイエスマンNさんが手腕を振るい、職場は壊滅しました。今では、超絶ブラック組織と言えるでしょう。

 

少し脱線しますが、サイコパスというのは第一印象はとてもよく「魅力的」に自分を見せる事が得意のようです。そして組織に入り込み、化けの皮を脱ぐ。

大体50オーバーで、男で、娘息子が大学生で学費もかなりかかる状態なのに転職してくる人間って、申し訳ないけどやっぱり前の職場で何かあったんだろうな、嫌がられてたんだろうなと、今となれば理解できます。前はこうだったとか、大したことでもないのに自分の話ばかりして、自己顕示欲の塊のような人でしたが、結局一番大事な物品の管理能力は非常に低く「使えないつまんないオヤジ」でした。ほんと、いろんな人がいるもんです。社会勉強になりました。

 

話は戻りますが、今となっては超絶ブラックになってしまった元職場は、まだ存在するので、残ってる人もいます。特に若くて頑張ろうとしている子がいたので、その子に対するひどい接し方を聞いていると、貴重な若い人生の人時が無駄になるから早く自分のやりたいことを見つけて飛び出してくれるといいのになぁと思ってしまいます。怒鳴り散らされたりミスの指摘ばかりでは、成長するどころか、体を壊してしまいますから。

ま、そうなれば、また職場は今よりも輪をかけて人材赤字になるでしょうけど。それは、人が辞めていく環境を作っている人間がいるからなので、悪い環境を作っている人たちにやってもらえばいい話。遠慮なく、自分の道を選んでくれるといいなぁと切に思っています。

来客がいるにもかかわらず、若手を怒鳴るような人間がいるという「よくない噂」は、すでに辞めた私の耳にすら入っています。ということは、他にも同じことを思って、どこかで話している人もいるでしょう。取引先の耳にも恐らく入っているでしょう。丁度去年10周年だったのですが、次10年持つといいですね。

 

組織が生き残れるかは「人」次第。

人の口に戸は建てられない。

家族がまず一番ですが、身近で一緒に過ごす人を大切にして、いい人間関係の中で豊かな人生を歩みたいものです。

 

それでも。。。やっぱり・・・仏像は怖いですけどね。

 

昔から、仏像が怖いんです(3)インドネシアのガルーダの巻

もう一つ、めっちゃ怖かったのが

インドネシアに行った時の空港でお出迎えしてくれる

ガルーダちゃんの置物。

(空港には、もっと怖い竜みたいなのが池の周りに飾ってて恐怖だった)

 

ガルーダちゃん

何処へ行っても

ガルーダちゃん

 

大きいのは、かなり怖いけど

小ぶりのガルーダちゃんは

滞在期間中にあまりに頻繁に出会うため慣れて

帰るころには平気になってた。

顔が鳥だからかなぁ?

 

でも、今改めてみると

やっぱりちょっと怖いなぁ。

 

仏像にしても、彫刻にしても

何が怖いって

背中を向けると何かされそうな気がして怖い。

 

「そんなんあるわけないやーん!」って言われても

「背中向けてたらわからんやん!」って思うし。

 

本当に生き物が死んでいるほうが

どれだけ怖くないか。

 

 

死ぬまでにヨーロッパに行ってみたいけど

きっと彫刻まみれで怖いんだろうなぁ。

でも、行ってみたいな欧州へ。

 

昔から、仏像が怖いんです(2)奈良の大仏の巻

そういえば、奈良の大仏殿で

 

泣きました。

 

マジで。

 

 

入り口に歯が見える座った仏像がいて

その人も怖かったんだけど・・・

 

大仏殿に入ったら・・・

当然のごとくドーンと大仏さんがいはるわけです。

なんか周りに小さい仏さんも山のようにくっついてて。

 

その時点で血圧上昇。

 

早く出たいがために、もっと眺めてたがった友達を振り切って

一人で通路を小走りに。

 

これがまずかった・・・

次に出てきたのが、怖い顔した鬼を踏んずけた

大きな仁王さん?がドーンときた。

 

頭の毛が逆立ってしまうほど怖くて

即右折。

 

柱の向こう側から逃げちゃおう!と思って

大きな柱の奥側に逃げてスルー出来ると思ったら

なんかわからんけど、仏さんの大きな顔がドーン!

鬼踏んだ大きい仁王さんもドーン。

 

もうマジで頭真っ白。

ひょっとしたらギャーって言うてたかも。

 

走って逃げて、通り抜ける柱のところまで・・・

あぁ、なんで拝観料まで払って

こんなに怖い思いをせんとあかんのよ(´;ω;`)

 

一緒に行った人が追い付い笑ってることが

また腹立たしくて。

そういえば、周りの人も笑ってたような…。

 

「だから、嫌やと言うたやろうがっ」と激怒りしたなぁ。

 

もちろん今も怖いから行かないけど、

なんで仏像がこんなにも恐怖の対象なのか。

 

自分でも不思議。

 

昔から、仏像が怖いんです。

こんばんわ。

 

題名にも書きましたが、

本当に子どもの頃から、仏像が怖い。

 

祖父の墓参りに行くと、お墓も怖いけど

法事で本堂に入らなければいけない時が

本当に嫌でした。

心底怖くて怖くて。

終わったら一目散に家に逃げ帰っていました。

 

祖母の家は京都で、三軒隣りがお寺だったので

墓参りにはよくいきましたが、

怖さが消えることは無かったです。 

 

祖母が良かれと思って連れて行ってくれた三十三間堂

これは、私にとっては悪夢でした。

入り口からして怖い。なんだここ。

確か、あまりの怖さに「帰りたい」とわがまま言って

入らずに帰った覚えがあります。

 

仁和寺の門にも仁王像があり、その前の道を通らないように

通らないように道を選んでいました。

 

なんでだろうなぁ。

ちなみに、彫刻も怖い。

 

和風であろうが洋風であろうが

大きな人の形をしたものがとても怖い。

 

ほんと、なんでだろうなぁ。

 

新年あけました。退職して、次開始までしばし休憩に入りました。

この正月、本当に年末年始の家の事だけやってました。

 

掃除、

買い出し、

好きなモノだけのおせち料理

雑煮の仕込み、

餅つきだけやりました。

 

年賀状は書きませんでした。

えぇ、1枚も。

明けてくださった方には、ゆっくりと寒中見舞いの形で

気持ちを込めてお返事はしました。

 

なので、間の元旦から仕事始めの1月7日まで

ほとんど何にもしなかった。

一回だけ、デパ地下に遊びに行ったけど。

 

初詣すら行かずです。

その理由は、去年の二の舞を踏みたくなかったから。

信じるのは、自分。

感謝するのは、周りを囲んでくれている山や森や大地に。

身近にいて助けてくれる人や

私を覚えてくれている人に。

それで十分かなと思って。

 

それがよかったのか、大変良い正月の時間を

家族でゆったりと過ごしましたね。

何年ぶりだろう。

こんなに気を使わなくていい正月って。

 

仕事納め翌日から三日間めっちゃ頑張って

正月はめっちゃのーんびりして。

命の洗濯できたと思えるくらい、いろんなことが楽になったの。

 

1/7-1/11は、最後仕事をしに行ったけど、

あっさりきっちりやる事やって。

さらっと笑顔で退職。

 

気持ちが前向きだと、いろんなことがうまくいく。

逆もしかり。

 

まずは「気持ち」なんだなぁ。

今後の人生で、常に「前向きな気持ち」を維持できるように

どうやっていろんなことに向き合うか。

気持ちの切り替えをうまくやっていくか。

 

正月早々いいテーマがもらえた!

 

今年も無理せず楽せず楽しみます。

一年間よろしくお願いします!