めっちゃ貧血です。

変だなぁ、気になるなぁとか思ったことを、ちまちまと。

「超絶!鉄欠乏性貧血」に対する治療までの短い道のり。

貧血の治療とは、どういうことか。

要するに「鉄の補充」をします。

 

少しくらいの鉄欠なら内服薬でいいのでしょうが、内服ではとてもとても追いつかないほどの貧血!ということで、注射です・・・

 

 

 

4/22 朝、採血

 採血結果に、検査がざわつく。

 ↓

 報告を受けた看護もざわつく。

 ↓

 すぐさまドクターへ連絡がいき、診察室に呼ばれる。

 ↓

 鉄欠がいかにひどいか、このクリニックのワースト記録更新、本来輸血レベル…などなど、ドキドキすることを沢山言われつつ、逃げようとしたが逃げられず。

 採血結果を見てから、注射による治療をするかどうかを決めるという時間をもらう。

 

4/24 採血結果が出た

 ものの見事にフェリチンという鉄の運び屋さんがいない。

 検出限界地以下で、いわゆる「ほぼゼロ」状態。

 さすがにやばいと思って、その日から週二日の鉄剤の注射が開始…

 内服薬は無し。

 

 

たった二日の間に、私にとってはかなりドキドキすることが起こりました。

医療にかかることなしに生活してきて、最低でも8年ほどにはなるでしょうか。

 

注射も怖かった。痛かったら嫌だなぁとかね。

でも、ラッキーなことに看護師さん全員にやってもらったけど、どの方もすごく上手。ホッ。

 

実際打った後の体の変化については、また次回。

 

~つづく~

引き続き、めっちゃ鉄欠で貧血!

忙しすぎて、間が空いてしまいましたが、

結果から言うと「鉄材を週二回打ってます!」です。

いえ「鉄剤の注射」です。

 

鉄材地面に打ち込んで新しい家でも建ててる途中とかの話なら、もっとウキウキなんだろうなぁ。

 

そんなことは、さておき。

せっかくなので、丁寧に振り返ってみようかと。

 

Q:そもそも、貧血とは?中でも鉄欠乏性貧血とは?

A:要するに体の中に必要な「鉄分」が不足しているってことです。

 

Q:鉄が足らないと、何が具合悪いの?

A:めっちゃくちゃ簡単に言うと、体に酸素が十分届けられなくなります。いわゆる酸欠ですね。

 

Q:具体的にどうなるの?

A:顔色が悪い。

それに、動悸、息切れ、めまい。

きゅーしん、きゅうしん♪状態。

救心が必要なわけではありません。

あと、酸欠が続いてくると頭痛がしてきたり、疲れやすくなります

 

私の貧血は、なかなか超絶。

クリニック始まって以来のワースト記録を塗り替えてしまったほどだったこともあり、振り返ると「息切れ、動悸」がひどかった

 

ほんのちょっとの坂道が、私にとっては地獄ロード。

でも、能天気なのかバカなのか、私は「あぁ、私って体力ないなぁ」で自分の中では完結してました。

 

 それが、今回「超絶貧血」と判明してから、振り返ってみると・・・

 

私には体力がない』ではなく、『私には鉄がない』からこその「酸欠のしんどさ」だったと、改めて自覚することができました。

 

 

人の体には、最低でも5gの鉄があるそうですが、院長曰く私には「ほとんどない!」らしいです。

 

鉄は血液の中だけでなく、様々な組織にも存在しているようですが、あまりにも血液の中になさ過ぎて、様々な組織で存在しているはずの鉄が総動員で駆り出され、いま生きていられる状態になってると。

 

そんなぁ~、おおげさなぁ~

と上手に逃げようと思っていたら・・・

 

ドクター&看護の皆さんから

「鉄の注射しなさい」と真顔で説得していただき、今に至っております。

 

そもそも、なぜここまで貧血になっているのか。

毎月の女子様の出血と出産一回。

あとは、食べ物での補給がうまくいかなかった。

 

これだけなんですけどねぇ。ほんとに。

 

ドクター達は、消化管での出血とか、腫瘍の可能性とか、怖いことばっかり言って、私に検査をさせたけど、出てきた結果は、そりゃまぁ美しいもので。

貧血以外、まったく異常なし!

 

そんなこんなで、今鉄剤の注射は5回終わりました。

この後、注射をしたあと、どのような変化を感じたかなんかを、書いていこうと思います。

 

~つづく~

超絶!かなりやばい鉄欠乏性貧血だった!

こんにちは。

 

今の職場に転職して、はや三か月。

こまごましたことはありますが、まぁ、今までに比べると「ハナクソ」程度の事柄で、平穏無事に過ごしております。

 

で、健康診断の時期がやったわけなんですけれども。

 

前置きとして、若い時からずーーーーーーーーーーーーーーっと私は貧血でした。

女子様の日の出血も、かなり大サービス状態でした。

 

もちろん、出産のときにも貧血を当然のように指摘されましたが、服用すると大体48時間以内におなかは「下り龍」となり、それでなくとも悪阻が終わらなかったのに追い打ちをかける更なる「吐き気」。

医者には飲んでると嘘をつき、結局もらった鉄剤100個近く捨てました。

 

まぁ、それでも「ちょっと低いね、鉄」程度で済んでいました。

 

 

でも、今回は、ちょっと違った。

すぐ出る検査結果をみて、看護師さんがざわついた。

すぐ診察に回されて院長から「こんこん」と、いかに私の貧血状態がやばいのかを説明されて、「こんなに体を痛めつけてどうするんだ」「輸血レベルだ!」「クリニック始まって以来のワースト記録だ」「道端でいつ倒れてもおかしくない!」などなど。

 

この三か月間、病気にもならず、毎日働いてましたけど・・・とも、ちょっと呟いてみましたが、「長期間かけて貧血に慣れてるだけだ!本来なら入院して輸血やで!!!」と、逆襲にあい・・・。

 

立ってパーテーションの傍で話を聞いてたんだけど、段々「家政婦は見た」みたいなかんじで、パーテーションにちょっとずつ隠れるように逃げていくわけ。

 でも、その姿をみて、ちょっと離れたところから看護師さん達が笑ってるわけですよ。

「やーい、やーい、病人だぁ」って。

同僚を心配してくれてんだか、面白がってんだか。

 

ま、そんなこんなで月曜日。

やっぱりビビッてるし、注射もしたくないし、鉄剤なんか絶対飲めないし。でも食事では回復せんよと宣言されて、やたら鉄分の多い食材を買いに走った月曜日。

 

はぁ、やれやれ、どうなることやら。

 

~~つづく~~

 

 

明るい気持ちが先か、元気な体が先か。

答え

 

 

 

 

明るい気持ちが先です。

 

明るい気持ちがあれば、健康でいられる。健康でも暗い気持ちだと不健康に導かれてしまうから。自律神経は正直です。

悪意のない人々の中で働けるって幸せ。人生凹った後には凸ってくる。

こんばんは。

 

本日、自分としては、最後の職場になるといいなと思い就職した職場での初日。

結果から言うと。。。長く働けるといいなと思えた!

 

二年半ほど前、この地に引っ越してきて、今までしてきた仕事と同職種だけど少し畑違いの仕事をしてきたけど…。ウンザリしたので、やっぱり元の畑に戻りたくて就活したところ、予想外に近くで見つけることができた。

たまたま見つけた募集を見て連絡して、とんとん拍子で見学させてもらえて、面接に至り、就職決定。給与についても、申し分なし。いろんなタイミングがあったにせよ、あまりにラッキーすぎて、本当に夢じゃなかろうかと思ってしまうくらい。

 

やるべき仕事は、どこへ行っても基本同じなので、置き場所や段取りなどをいち早く覚えてしまう。この職場のルールを押さえて、滞りなく業務を動かせるようになる。ここはどこに行っても同じこと。

 

というわけで、あとは「一緒に働く人」がどうかということ。

 

・明るい挨拶が返ってくるか

・協力しあって仕事ができるてるか

・なんせ初日で色々分からないので、質問した時の態度はどうか

・同じことを聞いてしまう時に、特にどういう態度になるか

・できる部分に関しては、次々と仕事を教えてもらえるか

・手がふさがってるとき、助けてくれるか

 

問題なしでございました!

 

以前のブラックな感じを全く受けることもなく、笑顔で挨拶や言葉が交わされ、普通に仕事ができる。ごくごく普通に過ごせる場所といいますか。なにかしら悪意をもってるような人がいないんだもん。「いじわるそうな人」ってどこにでもいるけど、いないの。

 

なんてありがたい!!

いや、冗談抜きでありがたい。何も気負うことなく、普通でいられるって、こんなにも楽なんや。

 

気持ちはもちろんのこと、だからこそ体も楽で、明日も頑張ろうと思えている自分が今ここに。

「明日仕事行くのが嫌だなぁ」とか全く思わないし、こうやって機嫌よくブログをかけている自分が今ここに。

恐らく今後やっていく仕事が山のようにあるのは聞かされてるし、想像もつくんだけど、まぁきっとこなせるし何とかなるかなぁと楽観的に考えられてる自分が今ここに。

 

いや、すごい。ほんとすごいよ。今この現状が手に入ってること自体、仕事運持ってる私を証明してる!いい意味で、この思い込みを続けて、日々を積み重ねていくわ。

 

子宝には恵まれたけど、結婚運は全然なし。でも仕事運は最強!

やっぱりどこか凹ってると、どこか凸ってるのね。

均してみれば、人生トントンよ。

 

今日は緊張もしたけど楽しかった! 

 

 

生きてる人間が、一番怖い。

こんばんわ。

 

前回は、仏像が怖いんだとう話を書きました。

でも、何が本当に怖いって、人間ほど怖いものはないです。

 

今日以前の職場で友人になった人と、久しぶりに再会してきました。その人(Tさんとします)も、つい最近退職したところ。

Tさんとは、務めている時も辞めてからも仲良くしてもらっていて、いろんな情報を一緒に共有してきました。 

年末にYさんという人が突然逃げるように退職したことを知り、その後私のネットワークで収集した情報と、彼女の知っている、もしくは身をもって知った事柄をすり合わせてみたところ・・・どうしてもわからない闇の部分がハッキリ浮き上がりました。

 

なぜ社長に「きちんと」物事が伝わらないのだろう?

その原因は何だったのか?

 

結論としては、ある特定の人物により物事が歪められたり、嘘の形で社長に伝わっており、また人間関係を引き裂こうとしたり、ひっかきまわしていた。その人物が「Nさん」だったとハッキリ浮き彫りになったのです。もう一人「サイコパス:K氏」もいるのですが、組織の奥深くに根深く巣食う悪魔がNさんだったと明らかになりました。

 

辞めた私たちは、モヤモヤした気持ちを今日ですっきりすることができました。さっさと辞めて大正解。あまりにもその二人の人間性が悪過ぎた。

 

それにしても、思い返すとK氏が入ってきて、この半年ほどで、私の前に一人、私、Yさん、Tさんと、10人にも満たない小さな職場で4人もの人間が退職の道を選びました。K氏がくるまでは、Nさんは猫をかぶっていました。そのほうが好都合だったのでしょう。私もうまく騙されていました。結構忙しく、業務的には大変な職場でしたが、人間関係はそれほど悪いものではなかったので、何とか何とかみんなで頑張ることもできていました。

それが、サイコパスK氏を職場に招き入れてしまったために、本領発揮とばかり程度の低いイエスマンNさんが手腕を振るい、職場は壊滅しました。今では、超絶ブラック組織と言えるでしょう。

 

少し脱線しますが、サイコパスというのは第一印象はとてもよく「魅力的」に自分を見せる事が得意のようです。そして組織に入り込み、化けの皮を脱ぐ。

大体50オーバーで、男で、娘息子が大学生で学費もかなりかかる状態なのに転職してくる人間って、申し訳ないけどやっぱり前の職場で何かあったんだろうな、嫌がられてたんだろうなと、今となれば理解できます。前はこうだったとか、大したことでもないのに自分の話ばかりして、自己顕示欲の塊のような人でしたが、結局一番大事な物品の管理能力は非常に低く「使えないつまんないオヤジ」でした。ほんと、いろんな人がいるもんです。社会勉強になりました。

 

話は戻りますが、今となっては超絶ブラックになってしまった元職場は、まだ存在するので、残ってる人もいます。特に若くて頑張ろうとしている子がいたので、その子に対するひどい接し方を聞いていると、貴重な若い人生の人時が無駄になるから早く自分のやりたいことを見つけて飛び出してくれるといいのになぁと思ってしまいます。怒鳴り散らされたりミスの指摘ばかりでは、成長するどころか、体を壊してしまいますから。

ま、そうなれば、また職場は今よりも輪をかけて人材赤字になるでしょうけど。それは、人が辞めていく環境を作っている人間がいるからなので、悪い環境を作っている人たちにやってもらえばいい話。遠慮なく、自分の道を選んでくれるといいなぁと切に思っています。

来客がいるにもかかわらず、若手を怒鳴るような人間がいるという「よくない噂」は、すでに辞めた私の耳にすら入っています。ということは、他にも同じことを思って、どこかで話している人もいるでしょう。取引先の耳にも恐らく入っているでしょう。丁度去年10周年だったのですが、次10年持つといいですね。

 

組織が生き残れるかは「人」次第。

人の口に戸は建てられない。

家族がまず一番ですが、身近で一緒に過ごす人を大切にして、いい人間関係の中で豊かな人生を歩みたいものです。

 

それでも。。。やっぱり・・・仏像は怖いですけどね。

 

昔から、仏像が怖いんです(3)インドネシアのガルーダの巻

もう一つ、めっちゃ怖かったのが

インドネシアに行った時の空港でお出迎えしてくれる

ガルーダちゃんの置物。

(空港には、もっと怖い竜みたいなのが池の周りに飾ってて恐怖だった)

 

ガルーダちゃん

何処へ行っても

ガルーダちゃん

 

大きいのは、かなり怖いけど

小ぶりのガルーダちゃんは

滞在期間中にあまりに頻繁に出会うため慣れて

帰るころには平気になってた。

顔が鳥だからかなぁ?

 

でも、今改めてみると

やっぱりちょっと怖いなぁ。

 

仏像にしても、彫刻にしても

何が怖いって

背中を向けると何かされそうな気がして怖い。

 

「そんなんあるわけないやーん!」って言われても

「背中向けてたらわからんやん!」って思うし。

 

本当に生き物が死んでいるほうが

どれだけ怖くないか。

 

 

死ぬまでにヨーロッパに行ってみたいけど

きっと彫刻まみれで怖いんだろうなぁ。

でも、行ってみたいな欧州へ。