読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かな暮らしを求めて

変だなぁ、気になるなぁとか思ったことを、ちまちまと。

被曝による老化現象は、原爆でわかった大きな事実だと思う

 昨日この本を読んでいた。

 

区切りの部分で、こんな事が書いてあった。

 

*原爆の被害は、被曝33年引き続き被害者の身体を侵し続けている

 

白内障

諸種の貧血を含む造血機能障害

白血病

悪性腫瘍

体内被曝による小頭症

原爆ぶらぶら病

老化現象

染色体異常

 

などに加えて、今日では老齢化の進行が病気と貧困の関係をより一層新古光にし、伏せては子どもや孫にまでその不安は拡大している。』

 

「老化現象」

普通は、症状や病気の部分に老化現象なんて書かない。

だって、あくまで「現象」だもの。

 

それをあえて記す。

それほどに、人体の老化が目に付いたのだろうね。

白内障にしても、老化現象の一つであり、それがトップに書かれているというのも、やはり激しい老化現象がデリケートな部分に出てくるということかな。

 

老化現象といえば、白髪。

今はケミカルなものを使って、いくらでも染められるからわかりにくいだろうけど。

 

あと・・・

政治家さんたちが、ものすごく老けた印象があるのも

放射能汚染地「東京」で暮らしているからだったりするのかな?

 

まだまだわからないことがイッパイですね。

広島・長崎―原子爆弾の記録

広島・長崎―原子爆弾の記録