静かな暮らしを求めて

変だなぁ、気になるなぁとか思ったことを、ちまちまと。

新「長」登場

読みに来てくださったから、ありがとうございます。

 

さてさて、二か月前の7月4日。

新しく次期「長」を引き継いで頂く方が

やっとこられました。

 

老婆は、必ず誰か敵が必要な人。

絶対誰でも必ず不愉快な思いをさせる人。

もちろん、私もその洗礼は受けました。

 

それが分かっているので

長年勤めている人と一緒に「長」を精神的にも

サポートしてあげようという水面下でのもと

仕事が始まったわけです。

 

うちは扱っている商品の品目が同業の中でも非常に多い。

だからこそ、最初はまずどこに何があるのか覚えてもらうところから。それ以外については、ゆっくりでもいい。

 

この前提のもと、働いていただくことになりました。

が・・・

 

鳴り物入りで入ってきたけれど

何かが違うぞ。

でも、まぁ様子を見よう。

 

そう思いながら一緒にお仕事をしていくわけですが、

だんだんとメッキが剥がれてきました。

 

一人で店を回していた人の割に

あまりに仕事ができない・・・

確かに、うちは扱う品目は多いし

一気に客の波が来るときは、鬼のように忙しく

それを正しく丁寧にこなしていくスキルが必要。

 

でも、あまりに間違いが多く

且つ、遅い(^^;

 

そして、段々老婆が指導という名の文句を言い出し

毎日毎日その文句はヒートアップし

パワハラになっていると感じるほどになっていました。

 

言われる方もつらいだろうけど

それを横で聞かされている方も非常に辛い。

 

老婆とは、結局その後何回も

新「長」への指導の仕方について話をしました。

老婆にすれば、自分が代理でしてきた仕事を任せるのに

できないから怒ってると言いますが、

明らかにやりすぎ。

 

結局、私ともそのネタでケンカです。

聞きたくなくなったら

「はいはいはいはい、もう黙って」ですから。

 

ちなみに私と老婆の年齢差は20歳。

本来ならば達観しておられてもおかしくないお年です。

 

でも、人の器というものは

年齢を重ねれば大きくなるものではなく

その人次第なんだなぁということを

しみじみ実感したというのが答えです。

 

あぁ、思い出して書いているだけでも

非常に不愉快な気持ちになってしまった・・・

 

つづく・・・